正しく使うのが大切 | ペットが関節炎になったときのためにリマダイルを備えませんか?

正しく使うのが大切

袋から取り出されている

ペットの関節炎に対して、非常に高い治療効果を発揮してくれるリマダイル。
リマダイルが手元にあれば、突然ペットが関節炎になってしまっても素早く治療ができるので安心感がありますよね。
特にドッグスポーツなど激しい運動をしているペットは関節炎を発症する可能性も高いので、ぜひリマダイルを備えておきたいと考えている飼い主さんもいるのではないでしょうか。

リマダイルは効果が高いだけでなく、副作用も少ないという非常に魅力的なペット用の消炎鎮痛剤です。
多くの飼い主さんが安心してペットに与えることができるようになっていますが、間違った方法でペットに与えてしまうと副作用があらわれやすくなってしまう場合があります。
副作用が少ないというのは、副作用が全く存在しないというわけではありませんし、どんな優秀な医薬品でも使い方を間違えるとその安全性も確かなものではなくなってしまいます。
リマダイルを安全に使うためにも、ペットの関節炎を安全に治療するためにも、リマダイルを使うときは必ず正しい使い方で使うようにしましょう。

リマダイルは、体重1kgあたり2mgから4mgを1日2回投与し、その後、1週間は様子を見ながら体重1kgあたり2mgを1日1回投与するのが、正しい使用方法になります。
これがリマダイルの用法用量になるので、必ずこの用法用量を守ってペットに与えるようにしましょう。
規定の用量よりも多く与えたからといって、リマダイルの効果が強まったりすることはないので、注意しましょう。